05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
--:--  |  スポンサー広告

昨日、格闘王子を見て思ったこと

2010.01.28 (Thu)

格闘王子でK-1甲子園の特集をしていて感じたのだが、

HIROYAに未来はあるだろうか。

中学の頃から未来の魔裟斗2世として注目されてきたが

それが彼の今後のファイターとしての人生を駄目にしたと思う。

本気で将来、K-1MAXで活躍したいなら中学・高校生の頃は

まず外国人と渡り合えるように身長を伸ばすべきだ。

それなのにHIROYAはタイに行き、試合をするため階級を設定し、

減量のために食事制限をし、十分な栄養を取らない時期があった。

それでは身長は伸びない。

高校3年生なのに彼の身長は167cmしかない。

これから身長が伸びることは絶望的だ。

それで将来K-1MAXで外国人ファイターと渡り合えるだろうか。

一時期K-1MAXで活躍したマイク・ザンビディスも167cmだが、

彼は小柄な体を筋肉の塊に変え、鉄の拳を手に入れた。

KIDを簡単にKOするほどの実力があるザンビディスだが、

日本人のHIROYAがザンビディス以上の肉体を手に入れられるだろうか。

なぜタイに行き減量までする必要があったんだろう。

親はTBSは格闘技関係者はなぜ止めなかったんだろう。

いくら練習しても、K-1MAXより軽い階級でタイ人をKOしても何にもならない。

マスコミはただ高校生ヒーローを作り上げたく、HIROYAはその犠牲になった。

彼が強いのは高校生の今だけだろう。

周りが体ができてなく、テクニックも未完成な高校生相手ならなんとかなる。

でもこの先、身長もあり、体もできて、テクニックも身につけた相手と

戦ったらどうなるのか。

彼がこの先K-1ファイターとして活躍できることは難しいだろう。

その点、優勝した野杁は将来性がある。

まだ高1だが身長もある。まだこれからも身長を伸ばすことはできるだろう。

体を作るのは後でもいい。

今はまだ体のできてない高校生ファイターが多く見られたがそれでいい。

筋肉をつけたせいで身長が伸びなくなる場合もある。

KIDがいくら筋肉の鎧を身にまとってもK-1では全く勝てない。

リーチが足りなければそれだけ不利になる。

KIDを倒したザンビディスもリーチのある相手には勝てない。

TBSはK-1甲子園とかいいながら華やかな舞台を提供したように見えるが、

それに特化したHIROYAみたいな選手を生み出したことは

逆に選手の将来性を奪うことに等しいとさえ思える。

TBSはこの先もHIROYAをヒーローに仕立てたいなら

K-1MAXよりもさらに体重の軽い階級でも作らないと無理だろう。

それともHIROYAという選手がいなかったことにするのか。

残酷なTBSのことだ。十分予想はできる。

魔裟斗がいなくなったことで佐藤選手に期待が寄せられ、

彼が活躍すれば野杁は佐藤2世と言われクローズアップされるのだろうか。

そのときは魔裟斗の存在も風化してしまうのか。

HIROYAのことも含め、まだ今の段階では憶測でしかないが

TBSのヒーローの作り方・演出は格闘技にとっては悪い方に向かっていると思う。

ついでだが亀田の特集はいらない。本当にいらない。

なぜTBSはそんなに亀田に肩入れするのか。

格闘技団体はTBSと絡んで欲しくない。

何とかならないものか。


記事が参考になったらランキング応援クリックお願いします。m(__)m


関連記事
Sponsored Link

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

23:50  |  雑談  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。