07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

シーシェパードを支援している芸能人

2010.02.15 (Mon)

最近のシーシェパードの横暴振りを見ていると、

日本政府は早く手を打てよと憤ってしまう。

シーシェパードは単なるテロリストに過ぎず、

ポール・ワトソンの目的は環境保護を掲げて金を得ることだけだ。

こういう奴らを支援しているパタゴニア社や

アニマルプラネットにも激しく怒りを覚える。

シーシェパードを個人的に支援している芸能人たちも

テロ行為の片棒を担いでいるのと同じだ。

シーシェパードの支援者には以下の面々が挙げられる。

●クリスチャン・ベール「バットマン ビギンズ」
●オーランド・ブルーム「ロード・オブ・ザ・リング」
●ピアース・ブロスナン「007シリーズ 5代目ジェームズ・ボンド」
●ユマ・サーマン「キル・ビル」
●ダリル・ハンナ「キル・ビル、スプラッシュ」
●ミック・ジャガー「ローリング・ストーンズ」
●エドワード・ノートン「ファイト・クラブ」
●マーティン・シーン「地獄の黙示録」
●ヘイデン・パネッティーア「HEROES」
●リチャード・ディーン・アンダーソン「冒険野郎マクガイバー」

オーランド・ブルームは資生堂のUNOのCMにも出てたので、

日本でも人気があるが、こういった芸能人たちをCMに起用し、

彼らに多額のギャラが支払われ、そこからシーシェパードに

支援金が流れるなら資生堂等の企業はシーシェパードを支援したも同然だ。

上記面々には来日したこともある人もいるが、

どの面下げて日本に来たんだろう。

映画のキャンペーンのために笑顔を振りまいていながら

腹の中では何を考えているのか。

そんな中、最も強行派なのはヘイデン・パネッティーアだ。

彼女は日本製品の不買運動や日本への不渡航を呼び掛け、

自身は日本まで来て抗議活動を行っている。

企業は海外の有名人をCMに使いたがるが、彼らの思想的背景や活動を

よく調べてから起用を検討すべきだと思う。
関連記事
Sponsored Link

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

23:58  |  雑談  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ