05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
--:--  |  スポンサー広告

梨花も使う「内転筋鍛えるマシーン」とは

2010.02.16 (Tue)

梨花が食事制限によるダイエットをやめて、「内転筋鍛えるマシーン」で

下半身を引き締めることにしたそうだ。

梨花はダイエットによっておっぱいの張りが無くなったために、

必要以上に脂肪は減らさず、おっぱいの張りを残すことにした。

元々は下半身のたるみを引き締めるために始めたダイエットなので、

初期の目的を達成するために、内転筋を鍛える方向に切り替えたというわけだ。

この選択は正しい。梨花にしては良く考えた。

女の人は必要以上にダイエットをしてガリガリになってしまう傾向がある。

でも体の悩みのほとんどは下半身に集中しているはずだ。

引き締まった腰周りに、引き締まった足、それが望みではないだろうか。

ダイエットで胸が小さくなって喜ぶ人はそうはいないだろう。

では「内転筋鍛えるマシーン」とはなんだろうか。

内転筋とは内股にある筋肉で、衰えるとO脚の原因になると言われている。

また電車に座っているとき、気を抜いたら足が開いてしまう女性もいるだろう。

それらを防ぐために内転筋を鍛え、股を閉じる力を鍛えるのが

「内転筋鍛えるマシーン」だ。

市販の物では「エアロライフ 内股シェイプスライダー」がそれに該当する。

また、梨花は「骨盤補正ガードル」も併用するとの事。

骨盤補正ガードルには他にも産後のボディラインを補正する物もある。

普通に骨盤補正ガードルとしても利用できるので、気に入った物を使うといいだろう。

骨盤を矯正しながら運動すれば色々な相乗効果が期待できるはずだ。

ちなみに、運動中の上半身のぐらつきを抑えるためにハンドルをつけた

レッグマシン」という商品も下半身を鍛える効果がある。

これも始めのうちは1分続けるのもきついくらいの運動なので、

下半身デブに悩む人にお勧めします。

私の内転筋鍛えるマシーン体験記は後ほど公開します。

大腰筋を鍛えればさらに効果がでるけど、大腰筋のエクササイズは次回紹介します。
関連記事
Sponsored Link

テーマ : ヘルス&ビューティ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

23:52  |  知って得する情報  |  Comment(1)

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2012.02.28(火) 09:46 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。