07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

国母メダル獲得できず、マスコミほっとする

2010.02.18 (Thu)

冬季五輪のスノーボードで国母がメダルを獲得できず、

8位入選止まりで終わったが、もしメダルを獲っていたら

マスコミはどう対応しただろう。

アンチから一変しヒーロー扱いしたのだろうか。

もしものときのためにマスコミは過去に国母が

病気の友人のために手術費用の募金を募っていた話を流していた。

本当は良い奴なんだよという側面を見せておきたかったわけだ。

そうすればメダルを獲得したときに改めて美談として紹介し、

国母に対して好意的なアプローチをかけて取材をしやすくすることができる。

視聴率も取れるというわけだ。

だけどほとんどのマスコミ関係者は国母を快く思っていなかっただろうし、

ヒーローにしたくなかったからメダルが獲れなくてほっとしているだろう。

これほどメダルを獲るなと逆の期待をされていた選手も珍しい。

他の国では自国の選手がどんなに態度が悪くても競技が始まれば応援し、

メダルを獲ればチヤホヤするだろう。

ボクシングの亀田に代表されるように、自国の選手より相手の国の選手を

応援するのは日本人くらいだろう。

必要以上に愛国心を持たないというのは物事を冷静に観察する上では

よいことだと思う。

朝青龍の引退に対してモンゴルでは愛国心がゆえに歪んだ報道がされている。

愛国心が事実に対して目を塞ぎ、モラルに背く行為に寛容になる。

そうであってはいけない。

そんなことを思いつつ、国母に対して寛容な態度を見せる人達は

どこで寛容の線引きをしているのだろうと思った。

服装?

あれがボーダーでは普通でも、公式の場ではドレスコードが

存在することをいい年こいて知らない訳ではないだろう。

国母という坊やが知らなくても悪いことは悪い。

注意されるのは当然。

会見での「っせーな」発言?

それを注意されてふてくされるのはますます「坊やだからさ」と

言わざるを得ない。

その態度に対しまだ寛容を求めるのは大人の対応ではない。

朝青龍を甘やかした親方と変わりない。

きちんと修正すべきだ。

国母に対してのイジメだと擁護する有名人もいる。

例えばホリエモン。だからモラルに欠けて企業犯罪を犯したんだな。

例えば自称「神の子」KID。自分の過去を思えば擁護もするわな。

国母は前回の五輪で成田童夢を仲間外れにしてイジメていたんだから

自業自得だろう。

自分も競技前にストレスを受けたら力を発揮できないことは

分かっただろうから、今度から態度を改めたほうがよいし、

今回の五輪はそれを知るいい機会になっただろう。

今はマスコミの言葉に聞く耳を持たないだろうが、

かって自分が募金までして助けた友人も怒っているんだから

ちゃんとそういう友人の忠告は聞き入れて身を正して欲しい。











というか、ほんとはどうでもいい。

国母がどうなろうと知らないし、今後にも興味はない。

落ちていくならそうなればいいし、五輪に出ないならなおいい。
関連記事
Sponsored Link

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

23:54  |  雑談  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ