07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

肉はやっぱり黒毛和牛がいい

2010.05.30 (Sun)

今からずいぶん昔のことになるが、私が東京に出てきて、

初めて吉野屋で牛丼を食べたとき、あることに驚いた。

なぜ牛肉の色が薄いのか?まるで豚肉だ?

食べると牛肉の味はするが、なんだか納得いかない。

香りも変だ。ちょっと臭い。

私の地元では肉はもっと黒っぽかった。

だいぶ後になり自分が地元の黒毛和牛を食べていたことを知ったのだが、

牛肉といえば黒毛和牛が普通だった。

黒毛和牛の牛丼は吉野家の牛丼よりもはるかにうまい。

いまでは私も東京に染まり、吉野家の牛丼に慣れてしまったが、

たまに地元の味を思い出すと、東京で名店と呼ばれる店の味がいかに

地方の普通の店に劣るかを実感できる。

カツ丼にしても、グルメ雑誌で見て、横浜まで出向いて食べたカツ丼が

地元の近隣の食堂のカツ丼に遠く及ばないことを知ったときは残念だった。

こんなものがグルメ雑誌に載るのか。

だったら地方は名店だらけだ。

やはり食材の違いは大きい。

ローソンでは黒毛和牛を使用した牛丼を販売しているが、

やっぱり吉野家の牛丼よりも肉の色が濃く、味も濃い。

個人差もあるだろうが、私は濃い味の方が好きだ。

牛肉が好きな人はぜひ黒毛和牛の美味しさに触れていただきたい。

すき焼き、焼肉、肉じゃが、牛丼、カレー、牛しぐれ、肉豆腐、何でもいい。

きっと普通の牛肉じゃ物足りなくなるはずだ。
関連記事
Sponsored Link

テーマ : ♪おすすめ♪ - ジャンル : グルメ

09:49  |  知って得する情報  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ