09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
--:--  |  スポンサー広告

父の日にちょっとした悪巧み

2012.06.10 (Sun)

父の日に何を贈るか考えていたところ、父の日特集で甚平セットを見つけた。

甚平と小物1点と雪駄または下駄の3点セットにギフトカード付き、

それらをオリジナル化粧箱に入れて送料無料の3988円だ。

500円プラスすれば甚平用ステテコを付けられる。

しかし私が注目したのはセットの中の下駄の方。

下駄・草履には6種類あり、普通の下駄だと値段は変わらないが、

500円をプラスすると百足(むかで)下駄にすることができる。

百足下駄は底の部分が6つに割れているので曲げることができ、歩きやすい。


しかも、実はこの百足下駄、単体でも送料込で3800円位する代物だ。

それがこの甚平セットに500円足して4488円で、百足下駄と甚平・小物が手に入る。

百足下駄をメインとして考えると、4488円-3800円で、残りは688円。

甚平と小物(信玄袋や扇子)が合わせて688円ということになる。

小物だけでも688円はするだろうから甚平なんてタダ同然。

これはかなりお得。

ここでよからぬことが頭をよぎる。

甚平のサイズにはM・L・LLとあるが、父の背丈は分かってもウエストがよく分からない。

Mサイズを送った後、ウエストサイズが合わなかったということがあるかもしれない。

事前にウエストサイズを聞くと何を贈るのか分かってしまうのでなるべく避けたい。

そこで甚平は自分用に選ぼうかという考えが頭をよぎる。

まずは自分あてに甚平セットを送り、そこから甚平だけを抜く。

そして残りのセットを父宛に送る。

なんてせこいんだ、俺!

だけど甚平は前から欲しいと思っていたし、父はもうすでに持っているかもしれない。

うーん。一応こっそり母に聞いておくか。

もうすでに甚平を持っているか、ウエストサイズが分からないなら甚平抜き作戦。

持っていなくてウエストサイズを分かっているなら甚平セットをそのまま父に送る。

それでやってみよう。

不肖の息子で申し訳ない。

ちなみに父の日配送の最終締め切りは6月15日(金曜)の正午までですが、

九州・北海道・沖縄・離島等は締切が早くなります。

余裕をもって6月12日までには申し込んだほうがいいでしょう。
関連記事
Sponsored Link

テーマ : 贈り物・プレゼント - ジャンル : ライフ

23:05  |  知って得する情報  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。