08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
--:--  |  スポンサー広告

ブラザーの複合機プリンターを購入

2013.03.10 (Sun)

購入してから数年経つキャノン製プリンター(MP610)が壊れたので、

サポートに電話して修理を依頼した。

プリンタヘッドが壊れているようなので交換すると9千円かかるとの事。

イヤイヤやってらんない。それなら買い換えた方がマシ。

てなわけでプリンターを新機種に買い換えることにした。

新しいプリンターは今までと同じように複合機から選ぶが、

これは付いていて欲しいという機能は両面印刷レーベル印刷

最近のプリンタは無線LAN機能付きだが、それはどうでもいい。

信頼性からUSBケーブル接続での印刷を優先する。

そこで価格comでスペック検索をしてみる。

価格を15000円以内に抑えて探すとヒットしたのは

ブラザーのプリビオ DCP-J940N(ECO、B、W)の3つとキャノンのPIXUS MG5430だけ。

上記4つのプリンターは性能的には似ているが、キャノンは5色インクで、

ブラザーは4色インクだが自動原稿送り装置(ADF)が付いている。

5色インクの方がカラー印刷はきれいだが、カラー印刷はめったにしない。

それよりもADFの方が魅力的。

オフィスにあるレーザープリンタにはもれなくADFが付いていて、

複数枚の原稿を連続でコピーすることができる。

ADFがないと1枚1枚カバーを開いてセットしないといけないので面倒。

というわけでブラザーのプリンターにすることにした。

ラインナップのうち、製品番号の末尾Bはブラック、Wはホワイト、

ECOは取扱説明書やUSBケーブルが付属していないモデル。

説明書に関してはメーカーHPからPDFをダウンロード可能。

USBケーブルはMP610に付属していたものが使いまわせるかもしれないが、

取扱説明書は製本の形で参照したいし、ECOモデルは千円安いだけなので、

DCP-J940N-Wを購入することにした。

最近は黒いプリンターが主流だが、今回は白に決めた。

部屋の中をできるだけ明るくしたいし、夏場に蚊が侵入してきたとき

プリンターが黒いとその付近に逃げ込まれたとき見つけにくいから。

プリンター選びが決まってから製品の詳細をブラザーのHPでチェックすると

結構使える機能があったので最新のプリンターは進化してるなと感じた。

例えば「裏写り除去コピー機能」ではコピー時に原稿裏面の文字や絵が

写り込むのを防いでくれる。

また、本のコピーを簡単にする「ブックコピー機能」もいい。

コピー時に本の傾きを自動補正し、見開きページの中スジなど

スキャン時にできる影の部分を除去してくれる。

キャノンのPIXUS MG5430にはこれらの機能は確認できなかったので、

コピーが多い人にはうれしい機能だ(製品HPでの確認)。

もちろん無線LAN機能付きだし、スマホからの印刷にも対応している。

というわけで購入を決意。

DCP-J940N-Wを送料込みで12800円で購入することができた。

黒が好きな人はDCP-J940N-Bを選ぶといいだろう。値段は大体同じ。

説明書やUSBケーブルがなくてもいい人はDCP-J940N-ECOが千円位安い。

製品到着後、4色ということで気になる印刷品質をチェック。

まったく問題ない。カラー写真もきれいに印刷できている。

しかもインクカートリッジがプリンタ前面からセットできるので超簡単。

これは久々にいい製品に出会えたなという感じでした。

ブラザーは第3のプリンター会社として侮れない存在になるでしょう。
関連記事
Sponsored Link

テーマ : 周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

19:18  |  購入してよかったもの  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。