FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
--:--  |  スポンサー広告

仮想通貨、どの交換業者を使うか その1

2018.05.29 (Tue)

仮想通貨の後発組はどの仮想通貨の交換業者を使ったらいいのか。

ここでちょっと大事なポイントを一つ。

仮想通貨の保管に関してだが、仮想通貨は分散型システムであり、

それはウォレットが各個人のPC上に分散して存在することが基本となっている。

ウォレットはアプリケーションであり、そのアプリが世界中に分散して稼動しているから

仮想通貨のシステムは永久に稼動し続けることができる。

つまり交換業者が潰れてもコインがPC上に保管されているなら何の問題もない。

業者Aが潰れても別の業者Bで取引すればいいだけだ。

状況に応じて自分の都合のいい交換業者に通貨を移動せて取引するのが基本。

だから交換業者は複数口座を開設しておくべき。

取り扱う通貨も交換業者によって異なるので複数使い分けよう。

ただしウォレットに送金できるのは現物のみなので、FXをやる場合は注意が必要。

また、交換業者は販売所と取引所に分類され、一長一短あり。

※取引所・・・ユーザー同士で売買をする。板が薄く約定しにくいこともある。
 販売所・・交換業者と売買する。大量の注文もすぐに通るが手数料が高い。

以上を踏まえて現物取引を基本とするならトレードの戦略は以下の通り。

・現金のクイック入出金手数料は無料がいい
・個人のウォレットに通貨を送金するための手数料は無料がいい
・スプレッド(手数料)の小さい取引所の方がいい

1.購入したい通貨があったら扱っている業者の口座にクイック入金。
2.できるだけスプレッドが小さい取引所で購入。
3.購入後は個人のウォレットに通貨を送金。
4.売り時になったら取引所のウォレットに送金。
5.利確して銀行口座に出金。

ここまで全部手数料が無料ならそれが一番いい。

ただし取引額が大きい人は取引所ではなく販売所で注文したほうが約定しやすい。

FXを基本とするならトレードの戦略は以下の通り。

・現金のクイック入出金手数料は無料がいい
・レバレッジ取引手数料は無料がいい
・スワップポイントの小さい業者がいい
・自動ロスカットで追証のない業者がいい

1.できるだけ取引に関する手数料を抑えられる業者を選ぶ。
2.購入したいタイミングで業者の口座にクイック入金。
3.レバレッジに余裕があるよう購入。
4.日ごとにスワップポイントが発生するので費用を抑えられる業者がいい。
5.売りのタイミングを見計らって利確する。

FXの場合、全て手数料無料はありません。
高レバレッジの業者もありますがサーバーの安定性も重視したほうがいい。

以上を踏まえて各取引所の特徴を見てみよう

bitFlye(ビットフライヤー)
・国内大手の販売所兼取引所
・セキュリティも高く評価されている(世界最高と評価された実績あり)
・取り扱い通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、LISK、MONA)
・国内で唯一アルトコインのLISKを扱っている
・RippleとNemの扱いがない
・販売所は大量の注文をするのに便利だがスプレッドが大きい
・アルトコインは販売所のみ
・FXの取引手数料が無料。レバレッジ最大15倍。BTCのみ。
・クイック入出金が有料
・コインの出金が有料

総評:
BTCの取引高は日本一なのでBTCを中心にトレードしたいならお勧め。
FXの取引手数料が無料でレバレッジも高め。
セキュリティが高いので個人で管理するのが面倒だという初心者向け。
LISKを購入したいならbitFlyeで口座開設の必要あり。

GMOコイン
・販売所のみの業者
・入出金手数料が無料
・ビットコインの預入・払出手数料が無料
・現物取引手数料が無料
・現物、FXの取り扱い通貨(BTC、BCH、ETH、LTC、XRP)
・業者の中で手数料が全て無料なのはGMOコインだけ
・FXの取引手数料が無料。レバレッジ最大10倍。
・追加証拠金制度なし
・口座開設した人にビットコインをプレゼントするキャンペーンあり

総評:
とにかく全方位手数料無料が最大の強み。
現物の場合は手数料無料とスプレッド(実質手数料)の損益を見極める。
最近、FXに待望のアルトコインが加わりFXでも面白みが増えた。
キャンペーンを利用してBTCをもらいトレードを体験したい人向け。

DMM Bitcoin
・販売所のみの業者
・入出金手数料が無料
・ビットコインの預入手数料が無料
・現物取引手数料が無料
・現物取引通貨が少ない(BTC、ETHのみ)
・FXの取引通貨が多い(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、XRP、XEM)
・FXの取引手数料が無料。レバレッジ最大5倍。

総評:
手数料無料はいいが、現物は取り扱いが少ない。
DMM BitcoinはアルトコインのFXができるのが最大の強み。
値動きの激しいアルトコインでFXするのはリスキーだがチャンスもある

その2へ続く
関連記事
Sponsored Link
21:38  |  知って得する情報  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。