09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
--:--  |  スポンサー広告

コストパフォーマンスの良い掛け布団

2009.10.23 (Fri)

敷き布団購入の話の続きは掛け布団の話です。

購入するポイントは

・羽根布団でない事
・羽毛布団でない事

です。

なぜかというと、上記2点で満足いく商品は

安価では買えないからです。

安物は羽根の軸の部分が布団を突き破って飛び出す事があり、

それが体に刺さってしまうからです。

軸を除いて羽毛だけを使用したものは数万円出さなければ

購入できません。

コストパフォーマンスにこだわる私にとっては

もはや羽毛布団という名前だけでは購入の対象にはならないのです。

ではどんな素材がいいかというと、最近人気があるのが

中空ポリエステル綿を使ったものです。

これは通常のポリエステル綿と違い、繊維の中が空洞状になっています。

その構造で空気を多く含み、保温効果が持続します。

また、軽く、ふっくらしていて、ホコリも出にくくなっています。

吸水・発散性にも優れているので、じめじめする事もありません。

当然、品質にもこだわる私は日本製のものを選びます。

もちろんコストパフォーマンスも考慮します。

そして選んだのが敷き布団ランキングで1位になったこともある

この商品です。3000円以内で買えるのが気に入りました。

掛け布団
今、売れてる掛け布団


この商品は私の求める条件を全て満たしていました

・コストパフォーマンスに優れている(3000円以下)。
・保温力がある。
・安心の日本製。
・吸水・発散性に優れ、暖かい季節でも使える。
・ほこりが出にくいので、アレルギー性鼻炎の私にやさしい。


もし5千円以内ならOKという方は、

帝人テトロン「ウォシュロン」使用の

この商品も魅力的です。

ウォシュロンも中空構造ですが、中空ポリエステル綿よりも

さらにふかふかした感触を味わえます。

さらに1万円以内なら出せるという方でしたら、

高性能な「クォロフィル」という素材を使用した

こちらの商品がお勧めです。

クォロフィルは中空構造をさらに進化させ、

繊維の中に7つの空気孔を持っています。

速乾性があり、洗濯機での丸洗いも可能です。

有名ホテルや病院でも使用されているという実績が

確かな性能を表しています。

いかがでしたか。

敷き布団や掛け布団は必ずしもセットで買う必要はなく、

それぞれ自分の用途に合ったものを購入すればよいのです。

もしコーディネイトにこだわるなら、布団カバーだけセットで

購入すればいいのです。

その布団カバーの話はまた今度、失敗談を交えてお話します。


記事が参考になったらクリックお願いします

関連記事
Sponsored Link

テーマ : ネットショップ・通販 - ジャンル : 趣味・実用

21:56  |  購入してよかったもの  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。