07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

抗菌・防臭加工のバスタオルの評価

2009.12.06 (Sun)

以前4000円もするバスタオルを使用していたことがあった。

病院でも使用されているバスタオルということで

抗菌・防臭に優れていた。

バスタオルは使用後、一日洗わなかっただけでも

水の腐ったような独特の臭いがする。

普通の洗剤で洗濯して部屋干しすると臭いは残ったままだ。

日光で消毒するか、部屋干し用洗剤を使用しないと駄目だが、

当時は部屋干し用洗剤がまだ存在してなかった。

だが、4000円もしたバスタオルは日光消毒しなくても

普通の洗剤でも全然いやな臭いが残らないのだ。

しかも使用後、1日洗濯しなくても臭いがしない。

バスタオルの繊維自体が臭いを分解するらしい。

高い買い物だったがいい買い物だった。

ところが1年以上経過したある日、悲劇は起こった。

バスタオルが突然臭くなってしまったのだ。

何回洗濯しても臭いが取れない。

日光消毒でも駄目だった。

原因は分からないが、防臭効果には期限があるのだろうか。

昔、通常よりも吸水力に優れたタオルというのが

各社から一斉に発売されたことがあった。

しかし一回洗濯しただけで吸水力は通常のタオルと

同じになるということが消費者センターの調べで分かり、

メーカーは苦し紛れの言い訳をしていたが、

結局売れ行きは下火になった。

特殊加工にも耐久性があるならメーカーはちゃんと表示すべきだ。

結局自慢の一品だったバスタオルは捨てることになった。

今は普通のバスタオルを使用している。

洗剤は部屋干し用を使用しているのでいやな臭いもしない。

もっと早く部屋干し用洗剤が出ていれば、

あんな高級タオルを買うことは無かったのに。

ひょっとしたら部屋干し用洗剤はここ数年で

一番の発明品なのかもしれない。

私の使用していたバスタオルとは違うが、

日本アトピー協会推薦タオルのTioTioというのがある。

価格も私が使用していたタオルよりもずっと安い。

空気触媒加工で雑菌を分解すると言う触れ込みだが、

果たしてどれくらいもつのだろう。

日本アトピー協会が推薦しているくらいだから

サイトを見る限りではちゃんとデータを取って検証している。

だけど大切なのは耐久性。

日本アトピー協会はそこまでちゃんと検証したのか。

そうでなければ私みたいに1年程度でお払い箱ということになってしまう。

とはいってもTioTioは1200円程度だから耐久性は1年程度でもいいのかも。

私が買ったバスタオルは急に臭くなった原因がはっきりしないので

商品名を伏せることにしますが、結果的に微妙な買い物でした。


記事が参考になったらランキング応援クリックお願いします。m(__)m


関連記事
Sponsored Link

テーマ : 日用品・生活雑貨 - ジャンル : ライフ

23:32  |  微妙な買い物  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ