09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link
--:--  |  スポンサー広告

券売機に罠を仕掛ける人々

2009.12.12 (Sat)

以前、券売機で切符を買ったとき、つり銭口から出てきたお釣りが

10円足りないことがあった。

機械の故障かなと思い、駅員さんに連絡しようかと思ったが、

つり銭口の出口付近に10円玉の姿が見え、手を入れて10円を取った。

つり銭口から10円玉が完全に出なかった理由はすぐに分かった。

なんとつり銭口の出口付近にガムらしきものがへばりつき、

おつりが途中で引っかかっていたのだ。

そういえば浮浪者らしき人が、券売機から人が立ち去った後、

すぐにつり銭口をあさっているのを見たことがあった。

たぶんあれはあの浮浪者たちが仕掛けた罠なのだろう。

つり銭口にガムのカスをこすりつけ、おつりが引っかかるようにし、

おつりが足りないことに気がつかない人が立ち去った後に

すかさず引っかかったつり銭を取り去っていたのだろう。

生きるために必死とはいえ、よく考えたものだ。

今ではそれに気づいた駅側が対策を講じて、つり銭口に

カバーをかけて中にガムを入れにくいようにしている。

自販機のつり銭口をあさる人も良く見かけるが、滅多にお金には

ありつけないだろう。

それにしても浮浪者の人たちは浮浪者になることを避ける方法は無かったのか。

派遣切りで住むところが無くなったとか言う人たちを見ると、

なぜ事前に資金が底を尽きたときの急場をしのぐ方法を

用意していなかったのかと思う。

私の場合はキャッシングで急場をしのいだ。

本当は借りないのが一番いい。

でも意地張って借りないでホームレスになるよりは、

銀行系や信販系から事前にキャッシングカード等を確保しておき、

いざというとき借りてピンチを乗り切ればいい。

もちろんちゃんと返すあてがあってのことだ。

給料日までにお金が足りない場合は一時的にノーローンで借りれば、

1週間は無利息だから給料日に返済すればいい。

何回も利用できるから急場をしのぐには一番適した方法だろう。

1週間無利息期間を過ぎても、昔みたいに金利が高く無くなったのもいい。

今では業界再編製でどこのキャッシング会社も銀行の傘下に入っていて、

金利も18%以内に設定されている。

ちなみにノーローンは新生銀行グループだ。

ただし数あるキャッシング会社でもORIXはやめておくこと。

いくら金利が低くても、あそこは貸し剥しをするので逆にピンチになる。

これは都市伝説でなく本当の話。私がそれを経験してるのだ。

いやな思い出も色々あったが結局はキャッシングが無かったら

私もホームレスになっていたかもしれない。

それくらいピンチのときがあった。

だから備えあれば憂い無し。

そうした備えをしていない人たちが急に会社を解雇されたときに

資金繰りができなくなり、急場をしのげずホームレスになり、

苦肉の策で券売機のつり銭口にガムをこすり付ける。

それはいくらなんでもせつな過ぎる。

この不況の中、いつ何があってもおかしくは無い。

とりあえず急場をしのぐためのカードぐらいは作っておきましょう。

何が起きるかわからないから身を守るための方法は前もって

用意しておく。それが不況を乗り切るコツです。
関連記事
Sponsored Link

テーマ : ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル : ファイナンス

22:53  |  雑談  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。